主婦のお金がない時の借り換えローン

主婦でもキャッシングは受けられる(女性/30代)

私が利用したのは、主婦向けのキャッシングではなく、一般的な消費者金融のキャッシングでした。主婦向けのサービスでは、夫の収入を当てにして借金をするので、少し筋が違うと思い、それまで自分で副業で稼いでいた分を申告して利用限度額の少ないサービスを利用しました。

 

利用限度額は20万円のサービスで、金利は18%でした。一般的なローンサービスで、特に不安なこともなく、気軽に借入もできました。副業をしていたので、返済金額についてもある程度急いで返済ができるため、本当は12回くらいかけて返済するところを4回ほどで完済しました。

 

自分である程度収入をコントロールできたので、借り入れも安心して頼れました。急に出費ができてしまった時は用意していたお金や貯金では不足してしまうこともあります。そんなときはキャッシングを活用すればまとまったお金もすぐに用意でき、何か月かかけて返済していけます。きちんと収入があるならば、キャッシングを利用しても損をすることはまずないです。

 

主婦でもキャッシングを利用することはできるので、副業をしている方は専業主婦専用のサービスだけでなく、消費者金融や銀行のキャッシングも考えてみるとよいです。私が利用したものは結局は専業主婦向けのサービスと内容はほとんど変わらないものだったので、自分のお金で審査を受けて借り入れるか、他人のお金で借金をするかという判断になるでしょう。

 

個人的には自分の借金で利用したかったので、しっかりと副業のお金を活用して借り入れできました。審査もそこまでは厳しくなく1週間とかからずに借り入れも利用できるようになりました。審査を急ぐことはなかったのですが、少しでも早く借り入れなければいけない場合は、消費者金融のサービスの方が確実でしょう。

 

少額融資は主婦でもOK

申告内容や収入に注意

主婦向けの少額融資サービスは、申し込みで成功できればだいたいは利用できるようになります。事前準備が最も大切で、家族や自身の信用情報を確認して、収入の申告書類や利用希望額などのことも考えておくとよいでしょう。自分自身で申告するものは、信用情報とも照らし合わせてチェックされるので虚偽の申告があれば、審査は落とされてしまいます。

 

しっかりと過去の借入やパートナーの収入、借り入れなどを合わせて確認しておき、ネット上でできる仮審査もしっかり受けておきましょう。返済シミュレーションも活用して、少しでも安全に返済できるようにすれば、主婦の借り入れも安全に利用できます。

 

副業だけでも何とかできる

返済の方法がない場合、お金を家計の中からねん出することもしっかり考えなければいけません。また、近年は気軽にできるネット上の副業やクラウドソーシングを活用すると毎月の返済金額分くらいは主婦でも稼ぎだせる可能性が高いです。何も仕事がない主婦でも副業などを駆使すれば返済金額は最低限用意できるので、安全な方法で返済を行いましょう。

 

副業などに慣れてくれば、借金をしなくても買い物が自由にできるようになるので、主婦でも副業をするのはとても大切です。たくさん時間をかけて働かなければいけないほど借り入れると大変ですが、少額の借入ならば対処するのも難しくはないです。

 

利用限度額は多くはできない

主婦向けのサービスの利用限度額は多くても30万円ほどです。それ以上多くはできないので、その金額の範囲内で何とか都合をつけられるようにしましょう。サラリーマンや事業主からすれば少額の借金ですが、一般的な家庭の買い物などでは活用できるので、安全で生活に負担が出すぎない程度に借り入れしましょう。

 

場合によっては、家族が絶対に必要な暖房器具や冷蔵庫の買い替えなどでも活躍してくれるサービスなので、そういった買い物の場合には家族でも協力して支払っていくとよいです。利用限度額は多くはないですが、工夫して利用すれば十分な金額設定です。主婦の力の見せどころでもあるので、使い過ぎや借りすぎには気を付けて、有効利用していってください。