専業主婦がお金を借りることはできるのか

主婦がお金を借りるのは、一昔前では不可能なことでしたが、近年は法規制の変化やキャッシングのサービスの向上などもあり、主婦でも夫の収入で借り入れができるようになっています。

 

借り入れできる金額はだいたい30万円までですが、現金収入がない主婦にとっては十分な金額です。私自身も夫と相談のうえで審査をしてみると比較的簡単に審査に通過でき、借り入れも返済までもできました。返済は、毎月の生活費の中からやりくりして何とか支払っていけました。

 

繰り上げ返済まではできませんでしたが、金利もそこまで大きくはならず安全に利用できました。地道に貯金などもしていましたが、貯金などにはあまり手を付けたくなかったことと、もっと急な用事の時に利用したかったので、生活の中で利用できる家具などはこのキャッシングを頼っていくことにしました。

 

電気屋さんなどでは、それぞれの買い物ごとにローンを組んで購入することになりますが、それを自身で行えるということで買い物の負担はかなり軽くできました。コンビニに行けばカードで借り入れができ、返済もコンビニのATMからの支払いやネットバンキングでの支払いもできるので、負担もそこまでは大きくありません。

 

借り入れできる金額は上限もありますが、不足分は自分で賄えるので、大部分を頼りにできるのは非常にありがたいと思います。今も時折利用しますが、あまり使いすぎていると不安なので気を付けるようにはしています。借り入れている金額も1万円から3万円のうちなので、あまり大きな負担にはなっておらず、少しずつ使い方にも慣れてきています。

 

工夫して利用すればあまり赤字にはならないので、飲み会費用や女子会の費用に一時的に充てれば負担もほとんどなくて済むでしょう。

 

銀行系のサービスは主婦向けのものでも十分安全に利用できます。サービス品質が良いだけではなく、しっかりと法律に適したサービスを提供しているので、会社やサービスを疑うことなく頼れます。

 

地方銀行でも、大手の全国規模の銀行でも良いですが、しっかり審査に通過できるようなサービスを頼るとよいです。収入がなくても借り入れができるというのは、借金に関する法律に規制緩和があったためで、銀行系のサービスも安心して頼ることができます。配偶者の収入で借入をするというのは少し気が引けてしまう方もいるかもしれませんが、他のよく分からない会社からローンを組んで利用するよりは安全なので、配偶者の了承も得て、有効活用するようにしましょう。

 

銀行のように大手の消費者金融もかなりサービスが充実しています。資金が潤沢にあれば金利を低めに設定しても会社運営にあまり影響が出ず、その分利用者も多く確保できるので会社側にもメリットが大きくなります。

 

しかし、中小規模の会社では金利を下げている余裕がないので金利も高くなってきます。サービスがあまり向上されないのも中小規模の会社のデメリットなので、安全に借り入れにしたいならば大手のサービスを選べるようにしましょう。各地方に必ずと言ってよいほど大手の会社のサービスが提供されているので、ネットキャッシングも合わせて検討してみてください。

 

インターネットを十分利用できる環境ならば、ネットからの申し込みも非常に便利です。

 

消費者金融系のローンを利用する場合には、返済方法がリボルビング返済になっていることが多く、早めに返済を終わらせることが大切です。金利が多くかかってしまうので、繰り上げ返済もたくさん駆使していきましょう。

 

返済が早くできればその分の金利が節約できます。この繰り上げ返済ができればリボルビング返済でも金利は節約できるので、借り入れをする前にしっかりチェックするとよいです。早めに返済が終われば、その記録も信用情報に残されます。しっかり返済能力があると認めてもらえれば、その借入以外の所で有利に判断してもらえる場合もあるでしょう。

 

少しでも安全に借金できるよう、情報収集も怠らずに良いサービスを見つけていってください。

参考サイト

  • https://借り換えローンのまとめ.jp/

    ローンを組んだ際に金利が高くなってしまった場合、より低い金利などの
    有利な条件に変更して借り直す借り換えやおまとめローンの体験談を紹介します。

  •  

  • 低金利 キャッシング

    人気の低金利キャッシングの紹介、お金を借りる上での注意点や職場確認の電話についてなど。